ポケットWiFiとWiMAX・LTEの違いを図解で比較してみた結果! | 海外ドラマガールズ

ポケットWiFiとWiMAX・LTEの違いを図解で比較してみた結果!| 海外ドラマガールズ

最終更新日:2020/12/03
モバイルWiFiを契約する際、WiMAXかLTE回線のどちらを選べばいいのか迷ってしまう人は多いのではないでしょうか。または両者の違いや特徴がまったく分からないという人もいるかもしれません。この記事では、ポケットWiFiやWiMAX、LTEとはなんなのか、それぞれの違いや特徴について解説します。
Sponsored Link




Sponsored Link

まずは正しい名称と意味を覚えよう!


ポケットWiFi,WiMAX,LTE,違い,比較

私たちの生活にインターネットが欠かせないようになり、ネットについて話す機会も増えてきました。しかし、私たちが普段何気なく使っているネット関連の言葉は、実は正しく使われていない可能性があります。

たとえば、「モバイルWiFi」というと、モバイルデータ通信を可能にする「モバイルルーター」のことだと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし実際には、モバイルWiFiとは、Y!mobileが提供するサービスの名称で、モバイルルーターの総称ではないのです。

このように、私たちが普段実際に使っている言葉と実際の意味には違いが生じていることが多くあります。そこで下記では、実際に意味するものと私たちの認識が異なりやすい言葉と、その正しい意味を確認してみようと思います。

概要
ポケットWiFi ワイモバイルが展開するモバイルデータ通信サービスのこと。
私たちは、WiFi電波を発信する機器の総称だと誤認してしまいがち。
WiMAX auを展開するKDDIコミュニケーションズが提供するモバイルデータ通信サービスのこと。
「Worldwide Interoperability for Microwave Access」の略称。
周波数が高く、建物や山などの障害物に弱い。
毎月のデータ使用量に制限がない(3日で10GBを越えると翌日に速度制限がかかる場合がある)。
WiMAX2+ WiMAXの進化版。最大速度は558Mbps。
高速、大容量通信が可能。
LTE 「Long Term Evolution」の略称。
大手スマホキャリアと同じ回線。
通信速度は150~1,288Mbps。
サービスエリアが広く、WiMAXより繋がりやすい。
WiMAXより周波数が低く、障害物による接続への影響を受けない。
毎月使用できるデータ量に制限がある。
Y!mobile(ワイモバイル) ソフトバンクのサブブランド。
格安SIMやポケットWiFiなどを展開している。
モバイルルーター(モバイルWiFi) ネットに接続するための小型通信機器のこと。
UQ コミュニケーションズが展開する「WiMAX」も、Y!mobileが展開する「ポケットWiFi」も、モバイルルーターの1つ。


それぞれの言葉が意味する内容をお分かりいただけたかと思うので、早速、ポケットWiFi、WiMAX、LTEをそれぞれ比較して見ていきたいと思います。


ポケットWiFi・WiMAXの違いとは何?


1つ前の章で、ポケットWiFiはY!mobileが提供しているサービス、WiMAXとはKDDIコミュニケーションズが提供している回線の種類だと説明しました。

サービス名と回線名なので、ふたつはそもそも同じ目線で話せるものではなかったということがわかっていただけたかと思います。

ですが、「ポケットWiFiとWiMAXの違いとはなに?」ということを引き続き考えたとき、この疑問は「LTE回線を使用するY!mobileによるポケットWiFiと、WiMAXの違いはなにか」という風にかみ砕くことができます。

そこでここでは、ポケットWiFiとWiMAXを、サービスを提供する会社、回線の種類、通信速度、月額料金という4つの違いに着目し、比較してみました。

ポケットWiFi WiMAX
違い1:サービスを提供する会社 ワイモバイルが展開する
モバイルデータ通信サービスのこと
UQ コミュニケーションズが展開する
モバイルデータ通信サービスのこと
違い2:回線の種類 docomo、au、ソフトバンクなどの回線を使用 WiMAX2+という独自の回線を使用
違い3:通信速度(下り) 988Mbps程度 最大1.2Gbps
違い4:月額料金 4,380円(無制限)、
3,696円(7GB)
3,880円(無制限)、
3,880円(7GB)


違い1:サービスを提供する会社


ポケットWiFiとWiMAXの違いの1つめは、サービスを提供している会社です。

ポケットWiFiとは、Y!mobileが提供するサービスのことで、WiMAXとは、auが運営しているUQ コミュニケーションズが提供する回線のことです。 厳密には、この2つはサービス名と回線名であり、同じ規格を表す言葉ではない、ということがわかります。

なんとなく、「WiMAXは、ポケットWiFiが使っている回線の種類のひとつだ」と思っていた方も多いのではないでしょうか?

両者は、そもそも会社や使っている回線の種類が異なる、まったく別のものだということを覚えておきましょう。

違い2:回線の種類


2つめの違いとは、回線の種類です。ポケットWiFiが使っているのはLTE回線(docomoやauなどのスマホが使用するのと同じ回線)で、WiMAXが使っているのはWiMAX2+という独自の回線です。

使っている回線が異なることで生じる違いには、
  • 通信速度
  • 繋がりやすさ
  • の2があります。

    詳しくは、次の章『WiMAXとLTEの違いとは?』でより詳しく見てみようと思います。

    違い3:通信速度


    ポケットWiFiとWiMAXでは、通信速度が異なります。

    LTE回線を使用するポケットWiFiは、通信速度(下り)が最大988Mbpsであるのに対し、WiMAXでは1.2Gbpsとなっています。現状では、WiMAXの方が速い通信が可能だということがわかるかと思います。

    ちなみに、通信速度には「下り」と「上り」の2種類があります。下りとは、一般的にいうダウンロードにかかる速度のことで、動画の再生や写真の読み込みなどに必要なのがこれにあたります。

    違い4:月額料金


    ポケットWiFiとWiMAXの違いは、サービスを提供している会社、回線の種類、通信速度以外に、若干ではありますが料金にも差があります。

    Y!mobileが提供しているポケットWiFiは、データ量が7GBまでのプランが月額3,696円、無制限だと4,380円です。対してWiMAXは、契約するプロバイダにより料金が異なる場合もありますが、1ヶ月のデータ量が7GBまでか無制限かに関わらず料金は3,880円となっています。

    現状ではWiMAXの方が若干お得ですが、インターネット料金は日々目まぐるしく変動しているので、そんなに大きな違いはない、と考えていても問題ないでしょう。

    WiMAXとLTEの違いとは?


    WiMAXとLTEは、どちらも電波の種類です。

    大きく異なるのは周波数。それにより通信速度や繋がりやすさに若干の差が出てきます。

    最初に簡潔にお伝えすると、一般的に、WiMAXは対象エリアに限定があるものの、エリア内であれば高速な通信が可能で、LTEは広範囲において、山間部や建物に囲まれた場合でも安定した通信ができるということです。

    ここでは、周波数、通信速度、繋がりやすさという両者の違い3点をさらに深掘りし、まとめて比較してみました。

    WiMAX LTE
    違い1:周波数 2.5GHz。建物などにより
    電波が遮断されることも。
    700~900MHz。建物や山などによる
    影響を受けにくく、室内でも繋がりやすい。
    違い2:通信速度 下り最大1.2Gbps 一般的には100~200Mpbs程度。
    WiMAXの方が通信速度は早め
    違い3:繋がりやすさ 対応エリアに限定がある(大都市中心)。
    田舎や山間部ではLTEに劣る。
    WiMAXより繋がりやすい。
    対応エリアも広め。


    違い1:周波数


    WiMAXとLTEとでは、周波数が異なります。具体的には、WiMAXが2.5GHzと少し高く、対してLTEは700~900MHzと低くなっています。

    そしてこの周波数の違いは、電波の繋がりやすさに影響を与えます。

    一般的に、電波の周波数は、高くなるほど建物や山などを通り抜けることが難しくなります。そのため、屋内や山間部にいるときにネットに繋がりやすい状況ができてしまいやすいのです。

    一方で周波数の低い電波は、建物の壁や山などの障害物があっても電波が届きやすいようになっています。

    ですので、周波数の異なるWiMAXとLTEでは、LTEの方が建物の壁や山などの障害物がある状況でも繋がりやすいということが言えるのです。

    違い2:通信速度


    ネットを使う上で重要な通信速度においては、WiMAXに軍配が上がります。

    一般的にLTEの通信速度(下り)は、最大で150~200Mbpsと言われています。対してWiMAXは、最新機種を使った場合、最大1.2Gbpsで通信することが可能です。

    建物や山などの障害物がある場合に通信環境に影響を受けやすいのは事実ですが、きちんと繋がれば高速での通信できるというのがWiMAXの強みです。

    違い3:繋がりやすさ


    WiMAXとLTEの最後の違いは、繋がりやすさです。

    WiMAXは、対応エリアに限定があります。WiMAXが使えるエリアは、公式の『サービスエリアマップ』で確認することができます。

    首都圏や大都市では電波が通っていることがほとんどですが、まだ日本全国で繋がるというわけではありません。

    対して、スマホでも使用されているLTEは対応エリアも広く、比較的全国で繋がりやすくなっています。


    結局どっちがおすすめ?自分にあった選び方をわかりやすく解説


    今回は、WiMAXとLTEの違いについて解説しました。

    どちらもネット回線の1つであるということに変わりはありませんが、大きな違いとなるのは周波数です。周波数が違うことで、通信速度や繋がりやすさに差が出てきます。

    今回ご紹介した2つの違いを踏まえたうえで、自分にあったものを選ぶ方法は、「速度か繋がりやすさ、どちらを重視するのか」ということです。

    周波数が低いLTEは、建物や山に囲まれていても電波に影響を受けにくいです。また、通信エリアも広範囲なので、安定した通信が可能です。ですが、通信の速度ではWiMAXに劣ることがあります。

    対して周波数の高いWiMAXは、高速・大容量データ通信が可能である一方で、対応エリアに制限がある、建物や山に囲まれた場合は電波が弱くなりやすいという特徴があります。

    WiMAXとLTE、あなたにぴったりなのはどっち?


    最後に、LTEがおすすめな人とWiMAXがおすすめな人の特徴をまとめてみましたので、ぜひ「自分はどちらにあてはまるか?」ということを考えてみてください。

    <LTEがおすすめな人>
    • WiMAXのサービス対象外に住んでいる人
    • 毎月のデータ使用量が少ない人
    • 通信速度より繋がりやすさを重視する人


    <WiMAXがおすすめな人>
    • WiMAXのサービスエリア内に住んでいる人
    • データ通信を多く使う人
    • 通信速度の早さにこだわる人


    この記事が少しでもネット回線選びの参考になれば嬉しいです。
    この記事を書いた執筆者
    アバター
    kaori
    フランスに住んでいるkaoriです。休日は、暖かい飲みものを飲みながら映画や海外ドラマを観てゆっくり過ごすのが好きです :) 特にお気に入りなのは「Friends」と「Once Upon a Time」。

    動画配信サービス

  • 第1位
    月額
    933円(税抜)
    無料お試し
    2週間~1ヶ月
    Huluは日本では2011年からサービスが開始され、現在では170万人を超えるユーザーが加入している大人気定額動画配信サイトです。2014年には日本テレビの子会社となりました。

    月額933円(税別)定額で、映画や海外ドラマだけでなく、アニメやバラエティなどのジャンルが70,000本以上も見放題!日本テレビ系のドラマやバラエティ作品に強いだけでなく、海外ドラマも充実のラインナップを楽しめます。

    人気作が日本最速で見放題になったり、Huluの独占配信作品も多いので、海外ドラマファンに根強い人気の動画配信サービスとなっています。「Huluは最新作の配信が遅い」との声も以前はありましたが、2020年6月からは、最新作などが有料でレンタルできるサービス「Huluストア」が提供開始となりました。

    無料お試し期間は初回加入時に限り2週間で、他の動画配信サービスに比べると少し物足りなく感じてしまうかもしれませんが、支払い方法をエスポカードにしたり楽天モバイルから契約をすると、2週間延長され1ヶ月になります。その他にも不定期で無料期間が1ヶ月になるキャンペーンも開催されますので、じっくり試してから契約するか決めたい方は、お支払い方法やタイミングを調べてから契約すると良いかもしれません。

    未成年やクレジットカードを持っていなくてもコンビニでチケット購入すれば契約可能です。因みに、解約は無料お試し期間中であっても有料会員になってからも違約金は一切発生しません。

    さらに最大25作品までダウンロード可能なので、Wi-Fi環境下にない場所でもオフラインで視聴することもできます。対応デバイスは、テレビ・スマホ・タブレット・PC・PS4などに対応しています。

    画質はSDからフルHDまで選ぶことができますので、テレビの大画面でもブルーレイ並みの画質で楽しむことが可能です。
  • 第2位
    月額
    1990円(税抜)
    無料お試し
    31日間
    キャッチフレーズ「ないエンタメが、ない」を裏切らない配信数20万本、うち18万本が見放題を誇るU-NEXT。業界第2位のdTVの12万本を遥かに凌ぐ配信数で業界トップです。さらに他の動画配信サービスに比べ新作の配信が早いので、いち早く新作を見たい映画・ドラマファンに選ばれています。

    月額は1,990円(税抜)と少々お高めですが、毎月1,200ポイント付与され、新作や話題作のレンタル料金や、映画館のチケットの割引に充てることができます。ポイントには付与された日から90日間の有効期限がありますのでご注意下さい。

    月額料金の支払い方法は、クレジットカードやキャリア決済のほか、AmazonやAppleIDでの支払いも可能です。クレジットカードをお持ちでない方は、コンビニや量販店などで購入できるプリペイドカードやギフトコードを利用した支払いが便利です。

    無料お試し期間も業界最長の31日間。その間にもレンタルに使用出来るポイントが600ポイント付与されるので、お試し期間中に最新作を無料でレンタル、なんてことも可能に。無料お試し期間中の解約には違約金などの料金は一切発生しません。

    さらに、ファミリーアカウントを4台まで登録できるので、4人でシェアすると1人当たり497円(税抜)という高コスパ。個別のファミリーアカウントそれぞれで視聴履歴やマイリストの管理が出来るので、プラバシーを守りながら楽しめるのも安心です。

    動画だけでなく、雑誌も毎月70種類以上の読み放題作品があるほか、書籍やマンガもレンタルすることができます。もちろん書籍やマンガのレンタルにもポイント利用が可能です。

    対応デバイスは、テレビ、パソコン、スマホ、タブレット、プレイステーション4があり、同時再生も4台まで対応。(※同じ動画は同時再生不可)スマホに最大25本の動画をダウロード可能なので、オフラインで動画先性も楽しめます。ダウンロードの視聴期限、はダウンロードしてから48時間以内となっています。
  • 第3位
    月額
    933円(税抜)
    無料お試し
    30日間
    無料お試し期間30日から新作・準新作を除く約10,000本が見放題!

    人気の映画、ドラマ、アニメだけでなくR-18対象作品も約7000タイトルの充実のラインナップが楽しめます。見放題対象作品以外でも1本95円~(画質・新作・旧作などによりレンタル料金が異なります。)レンタルが可能に。さらに新作や見放題対象外作品のレンタルに使用できるポイントが毎月1,100ポイント付与される特典も付いてきます。1,100ポイントで新作映画が2本分まで実質無料でレンタルできます。

    対応デバイスはテレビやスマホ、タブレット、PCと幅広く、お好きなデバイスでオンライン動画が楽しめる!2台まで同時視聴に対応しているので、家族で別々の作品を同時に視聴することができます。

    無料お試し期間の30日の間に解約しても月額料金は発生しません。無料お試し期間が過ぎた後のプラン変更は自由です。

    見放題プランから宅配レンタルプランや動画見放題と宅配定額プランがセットになったプランに変更も可能。セットプランに変更すると、月額2,417円(税抜)で動画配信と宅配レンタルに、さらにDVDとCDの店舗レンタル放題も付いてきます。

    さらに、あらかじめTカードを登録しておけば、新作などのレンタル料金や課金時にはTポイントを貯めることができます。もちろん貯まったTポイントは1ポイント=1円として100ポイントから作品のレンタルに使うことができるので、普段からTポイントを貯めている方にはお得なサービスです。
  • ポケットWiFi・光回線

  • 第1位
    高速通信が特徴のNURO光なら、動画の視聴がストレスフリーで楽しめる。

    通信速度(下り)は2Gbps、プランによっては最大10Gbpsのものまである。これは、一般的な光回線の通信速度(下り)が1Gbpsであることと比べると、非常に速いということがわかるだろう。通常通信速度は、動画の視聴には50Mbps、高画質のものであれば100Mbpsあれば充分だと言われているので、NURO光であれば素早い通信速度を利用して快適に動画の視聴を楽しむことができるのだ。

    また、契約者全員に工事費が無料になる特典が適用されるのも嬉しいポイントだ。通常、光回線を使用するためには回線工事が必要になる。工事には費用が発生するので、なかなか光回線の開設に踏み切れない人もいるだろう。しかし、NURO光なら通常40,000円の開設工事が無料でできるのだ。光回線を利用したいけど工事費はかけたくない、と思っていた人には嬉しいポイントだろう。

    今なら、契約1年目の月額料金が79%オフになるキャンペーンも実施中である。通常の月額料金は4,743円なので、1年間で約45,000円も節約することが可能!通信速度の速く、安定している光回線をお得に利用したいと考えている人におすすめである。

    契約期間はプランにより2年、3年、縛りなしの3パターンがある。更新月以外に解約すると、9,500円の違約金が発生するので注意しよう。解約の際は、NUROサポートデスク(0120-65-3810)に電話する。その後、接続機器の回収日を決めるなどの話を進めることができる。

    以上の特徴を踏まえると、NURO光がおすすめなのは、
    ・自宅で動画をたくさん観たい人
    ・通信速度の早さにこだわりたい人
    ・なるべく安く光回線を契約したい人
    ・回線工事が無料でできるサービスを探している人
  • 第2位
    Broad WiMAXへの乗り換えなら、他社インターネット解約時の違約金を最大19,000円分のキャッシュバックで補填することが可能!

    契約者2000万人を突破し3年連続顧客満足度No.1、全機種端末代0円、月額料金が業界最安値。まずは公式サイトのチャット窓口または無料電話相談がおすすめ!

    解約方法は電話かWEBの2択。注意点は、更新月でないと解約違約金が発生すること。(これは他社も同じ)

    2年契約と3年契約があり、19,000円を上限に早期解約するほど解約規約金が変動する仕組み。契約初期費用無料キャンペーンで契約した場合、更新月で解約しても必ず契約解除料9,500円が発生する。

    一体どのプランで契約することが賢明な選択なのか、他社との比較も含め考察した記事もあわせてチェックしよう!
  • 第3位
    GMOとくとくBBは、とにかくお得にインターネットを使いたい人におすすめ。最新のものを含むルーター端末代金が0円で、キャッシュバック額はなんと最大31,000円!最新端末の最大通信速度(下り)は1.2Gbpsで、動画の視聴もストレスフリーに楽しめる。

    1ヶ月あたりのデータ量は無制限なので、通信量を気にすることなく動画の視聴を楽しめるのが嬉しいポイント(3日間で10GBを使用した場合は翌日速度制限あり)。

    基本的に3年契約となり、更新月の20日以前に解約した場合は違約金はかからない。それ以外の時期に解約した場合、端末発送月の翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:24,800円、25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円が発生する。解約手続きはネット上もしくは電話で可能。
  • コメントお待ちしています。

    アドレスは非公開です。お気軽にコメント下さい。


    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。